カバツチャトカヨイカッテブログ

カバツチャトカヨイカッテブログ

同級生のことを思い出すのと地元の範囲を誰が大きく占めるかでくそ面倒くさいしだりい

読了までの目安時間:約 2分

地元に帰ってきてからというもの、全然寝てらんなくて常に汗だくで汗くささを放って生活しています。同級生とかが全部嫌で地元を出てたのに、帰ってきたら嫌でも生活させられるし、息苦しくて圧迫死しそうになります。嫌すぎて魘されない日なんかなくて、常に地元って全員が知り合いみたいで一瞬で同じような意識疎通が完成しますよね。相当うざすぎるんです。誰が大きく占めてるのか考えるとゲロ出そうになります。仕方ないから実家にいなきゃなんないし、誰とも会うわけでもないのに、気心知れてきて苗字で名前呼ばれる気がするし、何様たちに呼ばれてんだろうって思います。謎に汗だくで意味もなく体臭を放って生活してやって、同級生に対しての苛立ちがむかつきます。嫌でも出て行きずらいから、否が応でも実家にいてやっています。気心知れて喋りかけられる気がしてくそむかつきます。男が、男の子たちが、異質なのに苗字で呼んでくるところがなんとも言えない煮えくりかえり方をしていて、寝ててもくそ胸糞悪いです。胃もたれと胸くそ悪さが気持ち悪すぎるんです。脇 黒ずみ カミソリ

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー